雑餉隈

雑餉隈(ざっしょのくま)
雑餉隈は、福岡県の地名のひとつで、概ね福岡市博多区南部と大野城市西部にまたがる地域を通称として指す。全国随一の難読地名としてたびたび話題に挙げられる。また、西鉄雑餉隈駅とJR南福岡駅に挟まれる地域は、「第2の中洲」とも呼ばれ、飲食店や風俗店が多数建ち並んでいる。名の由来は、貝原益軒編纂の筑前国続風土記によれば、その昔大宰府へ向かう人々を主な対象とした多くの店が連なっていた場所であったこと、または大宰府の官人の雑掌居があった場であったことからついたとされている。また同書によれば、同書の編纂期における雑餉隈は、那珂郡井相田村(現福岡市博多区井相田)に属するそれと山田村(現大野城市山田)に属するそれとで、西と東の二村に分かれていた。