石動町

石動町(いするぎちょう)
石動町は、富山県西礪波郡に存在した町名。現在の小矢部市に当たる地域を指す。石動という地名の由来は、1585年(天正13年)、前田利秀が石動山の伊須流岐比古神社(現在の石川県鹿島郡中能登町)の虚空像菩薩を城下町であった現在の石動地区に移したことが起源とされている。その後、前田利秀は菩薩を移した地域を新しい「石動」という意味で今石動(いまいするぎ)と名付けた。石動の町名は今石動という地名から名付けられた。現在の石動地区は、北陸本線の他に北陸自動車道や国道8号などが整備され、交通の要所となっている。