先斗町

先斗町(ぽんとちょう)
先斗町は京都市中京区に位置し、鴨川と木屋町通の間にある花街である。「町」と付くが地名としての先斗町はない。先斗町通については「先斗町通四条上る柏屋町」等、公文書(四条通地区地区計画:京都市都市計画局)にも使用されている。名称の由来は、一説によれば、先斗という地名の語源はポルトガル語のponto(「先」の意)にあるとされる。また、鴨川と高瀬川に挟まれているため、堤であると捉え、鼓が「ポン」と鳴ることに掛けて、「ぽんと」となったという説もある。この地はもともと鴨川の州で、江戸時代初期に護岸工事で埋立てられ、新河原町通と呼ばれていた。繁華街としては茶屋、旅籠などが置かれたのが始まりで、すでに芸妓、娼妓が居住するようになり何度も取り締られていたが、当時川端二条にあった『二条新地』(にじょうしんち)の出稼ぎ地として認められ、明治初期に独立をした。明治5年(1872年)に鴨川をどりが初演され、先斗町は花街としての花を開かせた。