胆沢町

胆沢町(いさわちょう)
胆沢町は、岩手県南部の胆沢郡に属していた町。2006年(平成18年)2月20日に、水沢市、江刺市、胆沢郡前沢町、衣川村と合併して奥州市となり廃止した。現在は奥州市の西部を占める胆沢区にあたる。町名のいわれは、アイヌ語で「イ(それが)サハ(山間の平地)」や夷狄(いてき)の多い賊奴の奥地「夷多(イサワ)」、曲流に囲まれた扇状地「砂曲(いさわ)」といった説、また胆沢城築城に由来するという説などがある。