不明門通

不明門通(あけずのもんどおり)
不明門通は車屋町通を南へ延長した線上にあり、北は松原通上ルの平等寺門前から、南は京都駅北の塩小路通までを指す。途中東本願寺の東側では、烏丸通拡幅により敷設された京都市電烏丸線が門の直前の東本願寺の私道を避けて東に回り込んだことから、不明門通と烏丸通が一体となっている。通り名の由来は、北端にある因幡薬師堂(平等寺)の門が常に閉ざされていたことからといわれる。「あけずのもんどおり」と呼ばれることは稀であり、通常は「あけずどおり」と呼ばれている。六条通と七条通の間では、東本願寺が近いことから、旅館や各地の門徒の宿泊所であった詰所、仏具店が多い。七条通以南では京都駅に近いことから旅館が多い。沿道には因幡薬師、東本願寺、京都市営地下鉄烏丸線の五条駅や京都駅などがある。