放出

放出(はなてん)
放出は、大阪府大阪市鶴見区と城東区にまたがる地域の名である。難読地名、珍地名としてよく知られる。放出東は鶴見区、放出西は城東区である。北側に寝屋川、南側に第二寝屋川がある。放出の地名の由来には二説ある。ひとつの説としては、古代の大阪は内陸部が湖となっていて、この地付近で湖水が旧淀川への放出口となっていたことから、水の「はなちてん」がなまって「はなちで」を経て「はなてん」になったといわれるもの。もう一つの説としては、三種の神器の一つ草薙剣を剣が安置されていた熱田神宮から盗み出し逃げようとした新羅の僧・道行の乗った船が難破してこの地に漂着し、神の怒りを恐れて剣を放ったという伝説に由来するともいわれている(草薙剣盗難事件)。同地の阿遅速雄(あじはやお)神社にある石碑がその伝承を伝えている。