遠里小野

遠里小野(おりおの)
遠里小野とは、大阪市住吉区および堺市堺区の地名である。正確には堺区の方は「遠里小野町」である。両者は大和川で隔てられているものの、元はひとつの村(摂津国住吉郡遠里小野村)であった。大阪市側は旧熊野街道沿いの旧集落と府道沿いの商業地を中心に賑わい、堺市側は工業地となっている。遠里小野の地名は、古代律令制度が成立するころから記録があり、かつては「ハリのオヌ」や「ウリノ」「瓜生野」(うりうの)などと呼ばれ、それが訛り、「遠里小野」(おりおの)に変わったと言われる。南北朝時代に室町幕府軍と楠木正行軍が衝突した「瓜生野の合戦」を起源とする説も存在する。